無限のファンタジア・シルバーレインのキャラ背後日記など。PBWという言葉を知らない人は回れー右っ

  白銀の闇のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 背後 > 久々に……  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々に……

2009 - 03/11 [Wed] - 01:56

久々のブログ更新
何故ってうちのペットの記載が一番上にいるままなのが怖いから

…開腹したいとか手術とか…

単語拾って会話するにしてもうちょっと文脈というものをね?(無茶)
でも最近以前より賢くなってきた気はするので良い事なんでしょか…


以下は先日TVで見た映画の感想をば

ほんとキャラブログの欠片もない昨今…


『秒速5センチメートル』

たまにBSでは地デジでは放映されないようなのがゴールデンタイムに放映される。
これは大友克洋監督の「新SOS大東京探検隊」のあとに放映された
3つのストーリーからなる短編映画。

どんな話だろうねー、と何の予備知識もなく鑑賞したんだけども…

まず最初に映像の美しさに目を奪われる。
一瞬”実写か?”と思うくらい。
自然物よりも人工物のほうがそれが顕著だったような気がする。
あ、でも雪も桜も綺麗だった。

内容は少年と少女の恋の顛末…みたいな感じ。
少年が東京へ転校してきた1年後、同じクラスに転校してきた少女。
境遇が転校生という事でちょっと似てて、二人とも本が好きで毎日のように図書室へ通い、
自然と仲良くなったけれど、卒業を控えた頃になって少女の方が再び転校してしまう。

1話目「桜花抄」は中学1年になった二人がまた再会して別れるまでの話
2話目「コスモナウト」は高校3年になった少年が転校先の場所で出会ったもう一人の少女との話
(っていうかこの場合主人公はそっちの女の子か…)
3話目「秒速5センチメートル」は大人になった二人の恋の結末
(この時点で2話目の女の子の存在はない)

肝心のストーリー…うちの家族揃っての見始めてからの感想

「……………うわぁ…」

言葉も出ませんよ。
引いたとかではなく、愕然としたとかでもなく
鳥肌立つほどの甘酸っぱさっ!

少女から時折届く手紙の内容とか
少年が鹿児島へ転校することになって、その前に一度でも会いたくて、
何時間もかけて約束の場所へ向うまでの想いとか
(大雪のせいで)約束した時間からどれだけ過ぎても、そこへ向おうとする少年と待ち続ける少女とか

切ないやら幸せやら見てる方はやたら甘酸っぱいやら…

1話でちょっと幸せ、な感はあったのだけれど物語が進むにつれ、
繋がりは希薄になっていく。
なのに少年の想いは募るばかり…言い方悪いと引きずってるとも言う。
引きずってるのに何の行動にも移さない。
その結果………

ドロドロ感は一切ない、むしろ清々しさすら感じる。

女は強いって事なのか男が弱いだけなのか…?
…男の子にとっては一生に一度の恋(のつもり)だったけど、
女の子にとっては過去の恋になっちゃっただけか(身も蓋もなく)
主題歌は山崎まさよしの「One more time, One more chance」
これだけでこの物語の結末はわかってしまうかもだけど…
一見の価値はあると思う。
DVD買うかちょっと悩み中。…録画しときゃよかったorz


ちなみに秒速5cmというのは桜の花が舞い落ちる速さだそう
スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lushen.blog29.fc2.com/tb.php/115-065e5238

 | HOME | 

プロフィール

キアロ

Author:キアロ

ユエ

最近の記事

今日・明日の運勢

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

レイトン教授と最後の時間旅行

RSSフィード

リンク

カウンタ

レンタルサーバーベンチャー企業 転職転職ポータル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。